再泥化しない土壌改良不溶化剤「ドクトール」

HSS株式会社 HSS工法・ドクトール
HOME 会社概要 土壌改良



HSS工法  無機系リサイクル資源を有効利用した環境負荷低減型の土壌改良工法



目的
  • 環境に負担のない土壌改良の技術の普及
  • 安全に施工できる土壌改良技術の普及
  • 安価に施工できる土壌改良技術の普及
ゼロミッションを実現化した土壌改良技術
ニーズに合わせた工法ラインアップ
同業他社との徹底的な差別化


特徴
リサイクルは、時代の要請であり、建設における汚泥、泥土や残土の有効活用は今後のリサイクル社会の中で重要な問題であり、土壌改良&不溶化剤「ドクトール」は、付加価値を生みます。
固化材対象土と混合したときに、なるべく早い段階でPHが中性にでき、固化材成分中に六価クロムを含有することなく環境負荷のない改良土として有効活用できる。

  1. 無害・・固化材は、無害な材料を使用しているため、環境面で安全に施工できる。
  2. リサイクル・・産廃でなく残土処理できるため、土の処理と再利用品による社会 的、経済的な相乗効果が大きい。
  3. 材料費が安価・・従来の科学的凝固剤に比べて低コスト。
  4. 設備費が安い・・特殊な混合設備が不要でバックホウ等の汎用重機で作業が可能。
  5. PHが中性域・・対象土と混合したときに、早い期間でPHが中性域に入る。
  6. 施工性・・一日当たりの改良土量は、現場で対応できる。
  7. 再掘削が可能・・セメント系の様な固化材ではないため、固化後も容易に掘削ができる。
  8. 植生が可能・・固化後、緑化の再生が可能。
↑上に戻る





COPYRIGHT (C) 2008 HSS株式会社 ALL RIGHT RESERVED.